教育研究所

配布文書はありません。

(1)教育研究所の概要

○名 称  藤岡市教育研究所
○所在地  藤岡市藤岡1485  (総合学習センター内 教育庁舎3階)
○電 話&FAX  0274(23)9801
○運営の基本方針
 藤岡市教育委員会の教育方針をふまえ、基礎・基本の定着や個を生かす教育など、新学習指導要領実施上の課題解決に向けた研究を進める。また、情報教育の推進や教育相談活動の充実を図り、学校等に役立つ資料を提供し、教育の推進向上に寄与する。このような研修・研究の活動をとおして教職員の資質の向上を図る。
○ 努力点
 1 子どものよさや可能性を生かし、自ら学ぶ意欲や思考力・判断力・表現力等の資質・能力の育成を図る実践的な研究に努める。
 2 基礎的・基本的な内容の確実な定着や、補充的な学習や発展的な学習に役立つ教材開発や指導方法の工夫に努める。
 3 教育相談活動の充実を図るための研究・研修に努める。

(2)沿 革

  昭和48年4月1日  藤岡市教育研究所設置に関する条例(昭和48年藤岡市条例第5号)・藤岡市教育研究所規則(昭和48年藤岡市教育委員会告示第10号)により藤岡市藤岡1639-5藤岡市中央公民館内に設置する。初代所長、針谷安三学校教育課長就任(兼務)
  昭和50年4月1日  第 2代所長 片山元治学校教育課長就任(兼務)
  昭和53年4月1日  第 3代所長 浦部正視学校教育課長就任(兼務)
  昭和56年4月1日  第 4代所長 金井 昭学校教育課長就任(兼務)
  昭和57年4月1日  研究所を藤岡市藤岡814-1 (現在地・旧藤岡労働基準局)に移転、独立占用施設となる。(同時に藤岡市青少年センターを併置)
  昭和59年4月1日  第 5代所長 黒澤明彦学校教育課長就任(兼務)
  昭和61年4月1日  第 6代所長 浦部正視就任(専任・非常勤嘱託)
  昭和63年4月1日  第 7代所長 金井 昭就任(専任・非常勤嘱託)
  平成 2年4月1日  第 8代所長 高橋 浩就任(専任・非常勤嘱託)
  平成 3年4月1日  第 9代所長 吉田繁夫就任(専任・非常勤嘱託)
  平成 5年4月1日  第10代所長 小林 勤就任(専任・非常勤嘱託)
  平成 7年4月1日  第11代所長 石渕 保就任 (専任・非常勤嘱託)
  平成 9年4月1日  第12代所長 塚本章三就任 (専任・非常勤嘱託)
  平成14年4月1日  第13代所長 石渕彰秀就任 (専任・非常勤嘱託)
  平成16年4月1日  第14代所長 横塚和彦就任 (専任・非常勤嘱託)
  平成19年4月1日  第15代所長 片山哲也学校教育課長就任(兼務)
  平成19年5月1日  第16代所長 横塚和彦就任 (専任・非常勤嘱託)
  平成21年4月1日  第17代所長 萩原 渉就任 (専任・非常勤嘱託)
  平成22年3月29日 研究所を藤岡市藤岡1485番地 (藤岡市総合学習センター内 教育庁舎3階)に移転
  平成22年4月1日  第18代所長 岸 正博就任 (専任・非常勤嘱託)
  平成24年4月1日 第19代所長 片山哲也就任(専任:非常勤嘱託)
  平成26年4月1日 第20代所長 黒澤伸明就任(専任:非常勤嘱託)
  平成27年4月1日 第21代所長 西澤恭順就任(専任:非常勤嘱託)
  平成29年4月1日 第22代所長 関根真理就任(専任:非常勤嘱託)

(3)研究内容

教科研究部
○教科等
 日常の実践からの課題解決に向けて、主題を設定し研究を推進する。
 (国語、社会、算数・数学、理科、生活、音楽、図工・美術、技術・家庭、保健体育、英語、道徳、特別活動、総合的な学習、学年・学級経営、生徒指導、進路指導、特別支援教育、環境教育、福祉教育、情報教育、健康教育、その他)
○教育相談
 児童・生徒の抱える諸問題解決にかかわることを通して、事例研究の進め方について理解する
 
課題研究部
○本市の教育課題解決のための研究を推進する。
 〔平成28年度課題〕
 a.小中一貫教育(英語教育)
 b.評価資料集作成(数学)
 
教育相談事業部
○児童・生徒・保護者の教育相談に当る。
 
委託調査及び研究
○藤岡地区または多野藤岡地区内での調査及び研究の必要を認めた事項があるときは研究員を委嘱して調査及び研究に当たる。
○研究活動を拡充、深化する必要があるときは、研究協力校を委嘱することができる。
 
特別支援教育事業
○発達検査の目的や方法及びその活用について理解を深め、発達検査方法を習得することにより、特別支援教育の充実を図る。
 
教育研究論文事業
○教育上の様々な課題に取り組む実践を推奨し、成果を市内の学校に紹介する。

(4)教育研究の計画と実践

 研究活動は概ね次の段階によって推進し、その成果発表会は次年度当初に開催する。
 
導入・研究の段階(4〜6月)
 教育研究法の学習、研究主題の設定、研究の見通し、計画の立案
推進の段階(7〜11月)
調査、事例研究、研究授業等の実施
整理の段階(12〜1月)
研究資料の整理とまとめ、論文の作成
完結の段階(2〜3月)
論文の完成、評価と反省、紀要の作成

教育相談

  ※電話で相談を受けます
内容 友人関係・いじめ・不登校・進路など子どもの学校生活に関すること
   
会場 藤岡市教育研究所
問い合わせ 0274-23-9801 (Fax共有)

所報

研究所研究成果

小学校英語活動イメージコンテンツ