英語教育の充実について

概要

本市では、国際社会において主体的に判断し生き抜いていく資質や能力を身につけることを主たる目的とし、英語教育の充実を図ってきた。英語教育をとおして語学力を身につけるとともに、ALT等とふれあうことで、国際感覚や豊かな表現力を身につけ、外国の人々と積極的にコミュニケーションを図ろうとする子どもの育成を目指している。

 小学校では、平成16年度より小学校専属のALTを配置し、市内の全小学校において英語活動に取り組むとともに、小学校から中学校へと一貫した英語指導が展開できるよう取り組んできた。 さらに、平成23年度よりALTを増員し、指導要領改訂に伴う5,6年生の「外国語活動」実施に対応するとともに、1年生から4年生を含む全学年においても「外国語活動」が実施できるように体制を整えてきている。このことにより、児童は小学校低学年からALTの生の英語に触れ、外国語に慣れ親しみながら、小中9年間の継続的な英語学習を展開することが可能になった。

 また、平成27年度より、教育課程特例校の申請を行い、教育課程として小学校1年生で14時間、2年生で15時間、3、4年生で25時間、5,6年生で35時間の外国語活動の授業を実施している。

 中学校においては、平成3年度よりカナダ・リジャイナ市と協力し、ホームステイプログラムを実施している。25名の生徒が隔年でお互いの市を訪問し、10日間のホームステイを行い、国際交流を行っている。こうした2年にわたって同一の生徒と交流する点が、本市の中学生国際交流事業の特徴である。
こうした事業によって、英語教育の更なる充実を目指している。

平成29年度 藤岡市の外国語活動・英語教育について

H29英語教育