平成21年3月24日(火) 小学校卒業証書授与式

画像1画像2画像3
3月24日、市内11小学校で卒業証書授与式が挙行されました。
昨日とは打って変わった穏やかな日和で、
卒業生を温かく送り出してくれました。

各校でそれぞれ「思い」のこもった式となり、
723名が小学校を巣立ちました。

小野小学校の式には新井利明市長が出席されました。

祝辞では、まず「校歌の歌声が素晴らしい。元気をもらいました。」
とおっしゃいました。そして
「仲間、友達を大切に。これからもよい人間関係を築いて
いってください。」と卒業生120名にエールを贈られました。

市内の中学校だけではなく、県立や私立の中学校、
市外・県外の中学校に進学する児童もいます。
藤岡市の小学校で得たことを
これからの学校生活に役立てていってくれたらと思います。

電話教育相談のご案内

画像1画像2
児童生徒、保護者からの様々な悩みの相談をうける電話教育相談員の委嘱式が行われました。
教育長からお一人お一人に委嘱状が渡され、その後、情報交換会がもたれました。その中で、
○相談業務は人権、青少年、教育・・・たくさんある。相談内容の多様化しており、実績評価ではなく、件数の多少ではなく、窓口を開いておくことが大事。一人でも救われればよい。
○問題は多くなっているのに件数が減っていることの問題は大きい。広報や回覧板は見る人もいるが、見ない人も多い。広報の仕方の工夫が必要だろう。たとえば、音声で周知すること。
○相談業務は心と心のつながりが大事。それがないと継続しない。「あきず、あせらず、あきらめず」を座右の銘としている。
など、貴重なご意見をいただきました。
平成21年度は下の12名の相談員にお願いしました。

藤岡市の子どもたちを守る
   『電話による教育相談』(年中無休)

藤岡市教育研究所(平成21年3月)
○ 小・中学生の保護者のみなさまへ
  不安や悩みを友達や親にも話せず、一人で抱え込んでしまう子どもがいます。家庭生活の中でお子さんに気になる変化があって、だれかに相談したいとき、電話による教育相談を活用してください。秘密は厳守しますので、安心してご相談ください。
○ 小・中学生のみなさんへ
 
  友だちのことや学校のことなどで、こまったこと、しんぱいなことがあったら、下の相談員(そうだんいん)に電話で話をしてください。いっしょに考えてくれます。ひみつはまもってくれます。一人でなやまないで、そうだんしてください。
<電話相談員の電話番号>
石渕彰秀((いしぶち ひであき) 42−1322
磯貝千秋(いそがい ちあき)   42−4019
宇留間達三(うるま たつぞう)  22−3280
荻原健男(おぎわら たけお) 23−1040
倉林希夫(くらばやし まれお) 22−3731
田中悦二郎(たなか えつじろう) 22−4285
千吉良淳子(ちぎら じゅんこ) 42−1730
福田富治(ふくだ とみじ) 23−1606
藤巻初次(ふじまき はつじ) 23−7769
三井しな子(みつい しなこ)   23−3316
宮原和泉(みやはら いずみ)   22−3761
山室雅代(やまむろ  まさよ) 22−2698

※ 教育長から1年間委嘱されたボランティアで、全員が教職経験者です。
      事務局  藤岡市教育研究所(藤岡814の1、TEL・FAX 23−9801)
※教育研究所においても、相談を受けています。

平成21年3月18日(金)美土里小6年生決意表明「こんな中学生になります!」

画像1画像2
 美土里小学校6年生は、西中学校の先生から話を聞いた後、各教室で「こんな中学生になります!」と題して決意表明文を書きました。「勉強も部活も一生懸命がんばれる中学生になります」「清掃にもしっかり取り組みます」等、A4版の用紙にぎっしり、それぞれの中学校入学に向けての決意を書き綴っていました。
 4月7日の入学式が楽しみです。

平成21年3月18日(水)西中学校小中連携:美土里小「西中学校の先生に話を聞く会〜西中学校入学に向けて決意をする日〜」

画像1画像2
 3月18日(水)、美土里小学校で6年生を対象とした「西中学校の先生に話を聞く会」が行われました。
 西中学校からは、平居校長先生と有門先生が参加しました。
 子ども達は、はじめに、スクリーンに映し出された数々の写真を見ながら、有門先生から、西中学校の生活の様子(1日のスケジュール、授業、行事、部活等」を聞きました。また、西中学校の「5つのいっぱい運動(あいさつ・歌声・花・作品・笑顔)」、「生活の基本姿勢(善悪の判断をしっかりもつ、ウソはつかない、悪いことを許さない)」、「成長する人の特徴(素直な気持ち、意欲的な姿勢、地道な努力)」等、心構えについての話もありました。
 その後、質問タイムの時間が設けられました。子ども達からは「授業が50分なのはなぜか?」「テスト範囲はどの位か?」「制服を着るのはなぜか?」「髪を短くするのはなぜか?」「中学校卒業後、就職するための準備はどんなことか?」「勉強と部活動の両立は大変か?」等、学習・生活・部活動等に関するたくさんの質問が出ました。
 それぞれの質問に対して西中学校の先生からは「中学校では、自分から勉強する、自学自習の姿勢が大事である」「清掃や部活動を頑張る人は、勉強もできるようになる。頑張る姿勢が成長のもと」「中学校は、社会人になるための準備期間。制服・頭髪等すがすがしく、西中生としての団結力・誇りをもって生活してほしい」と熱いメッセージが贈られました。

上毛新聞に西中のPTA総会の様子が掲載

画像1
3月11日付上毛新聞に『親の自覚促す16項目 学校と連携子育て指針 PTAが「憲章」制定 藤岡西中』と題してPTA総会の様子が掲載されました。
この総会では、PTAが学校側と協議しながら1年間をかけて練り上げた子育てや学校との関係の指針となる「PTA憲章」が拍手で承認されました。

PTA憲章全文
http://10209.schoolweb.ne.jp/weblog/data/104000...

上毛新聞に「いじめ問題解決に向けた子ども会議」が掲載

画像1
3月9日付上毛新聞にて「いじめの解決へ議論 藤岡で子ども会議 小中学生ら50人」という見出しで子ども会議の様子が掲載されました。

平成21年3月13日(金) 小学校英語活動〜ALTヒカル先生 美土里小学校にて〜

画像1画像2画像3
 平成20年度、市内各小学校へ英語指導助手(ALT)のヒカル先生(ペルー出身)、ブラント先生(ハワイ出身)が訪問し、担任の先生とともに英語活動を行っています。13日(金)は、ヒカル先生が美土里小学校で今年度最後のレッスンを行いました。授業後には、各学年の子ども達と記念撮影。子ども達からもらったたくさんの手紙と先生方に花道を作って送ってもらった感激に涙・涙のヒカル先生でした。

3月15日 旧藤岡高校解体工事

画像1
画像2
画像3
藤岡高校の解体工事もほとんど終了。すっかり建物の姿は消え、ほぼ整地となりました。今後、総合学習センター(仮称)に向けての工事が始まります。

3月13日(金)市内中学校で卒業式挙行

画像1
画像2
画像3
3月13日(金)、穏やかな春の薄日がさす中、市内の5中学校で卒業式が行われました。卒業生674名は一人一人緊張の面持ちでそれぞれの学校の校長先生から卒業証書を受け取っていました。
東中学校では、式辞の中で、小林校長先生から「大きな夢を持ち、実現に向け努力をしてほしい。」「心の絆のある真の友達をたくさん作り、豊かな生活をしてほしい。」と卒業の贐の言葉があり、真剣に聞く卒業生の姿に頼もしさを感じました。
8会派聯立による38年ぶりの非自民政権の細川護煕内閣が発足し、皇太子徳仁親王が元外務省職員・小和田雅子さんと御成婚された年に生まれた子が今新しい生活のスタートラインに立っています。

2日〜6日 第3期 「地域でふれあうあいさつ運動」実施中!(美九里東小編)

画像1画像2
あいさつ運動の最終日はあいにくの雨でした。
美九里東小学校でも、地域の区長さん、民生児童委員さん、更生保護女性会のみなさん、PTA役員さんたちがたくさんみえてくださいました。それに加え、美九里東小学校の子ども達も加わり、校門から玄関に向けて「あいさつ道」ができていました。
「あいさつ道」の中では「おはようございます」の大きな声が響いていました。

2日〜6日 第3期 「地域でふれあうあいさつ運動」実施中!(藤岡第一小編)

画像1画像2
「おはようございます!」「おはようございます!」明るく元気なあいさつが交わされています。あいさつの大切さから、市内の多くの学校では、登校時に「あいさつ運動」を展開しています。人権教育の指定を受けた、東中、藤岡第一小、美九里東小、美九里西小でも、あいさつを「互いのよさを認め合い、心豊かに生きる子ども」を育成する第一歩として位置づけ、地域の方々の協力をいただき、「地域でふれあうあいさつ運動」を実施。今回は今日から6日(金)までの5日間、それぞれの学校で登校時にあいさつ運動をしています。この取組の特徴は、各学校の児童生徒や先生だけでなく、東中生が出身の小学校に行って、児童と共にあいさつをすることと、多くの地域の方々が応援してくれることです。藤岡第一小学校には、中学生が20人以上、地域の区長さん、民生児童委員さん、更生保護女性会のみなさん、PTA役員さんなど10人以上の協力がありました。

3月3日(火)美九里東小6年生を送る会

画像1画像2
42人の6年生の卒業を前に全校児童による学習発表会が行われました。会場の体育館には、たくさんの保護者が詰めかけ、寒空とは対照に子どもたちの熱気と保護者の温かなまなざしで満ちていました。例年のように、6年生一人ひとりが小学校の思い出や将来の夢などを紹介され入場。開会行事のあと、1年生から5年生まで、歌や劇が披露されました。6年生の発表の前に、先生方が「崖の上のポニョ」を演奏し、子どもたちが一緒になって口ずさむ微笑ましい場面も。最後に立派な合奏、合唱に惜しみない拍手がいつまでも続いていました。
なお、各学年の発表は次のとおりです。
1年 音楽劇「ともだちや」
2年 音楽劇「力たろう」
3年 劇「ろくべえ まってろよ」
4年 リコーダー奏「オーラリー」合奏「グッデイ グッバイ」「マイバラード」
5年 合奏「小さな世界」「ハイ・ホー」合唱「ビリーブ」
6年 合奏「キセキ」「イケナイ太陽」合唱「With you smile」 

2日〜6日 第3期 「地域でふれあうあいさつ運動」実施中!(東中学校編)

画像1画像2
東中学校では先生方や生活委員会やボランティアの生徒達が中心になってあいさつ運動を進めています。
そこに、たくさんの更生保護女性会のみなさん、地域の区長さん、民生児童委員さんも加わり、元気あふれるあいさつが交わされていました。

3日〜6日 第3期 「地域でふれあうあいさつ運動」実施中(美九里西小学校編)

画像1画像2
美九里西小学校では昨日が振り替え休業日だったため、今日からあいさつ運動が始まりました。
地域の区長さん、民生児童委員さん、更生保護女性会のみなさん、PTA役員さんなどに東中学校の生徒も加わり、大きなあいさつの声が響き渡っていました。

27日(金)神流小学習発表会

画像1
画像2
画像3
神流小学校はいじめゼロ「明るい歌声の響き渡る学校」づくりを目指し、児童の心の教育、道徳的体験の場として「言葉と音楽による教育」をすすめています。27日、その教育成果を発表するため、学習発表会が開かれました。1年生の歌と音読「おむすびころりん」に始まり、6年生の合奏「カルメン」合唱「はだたこう明日へ」まで、その学年に応じた豊かな表現に、体育館いっぱいに詰め掛けた保護者や地域の方から惜しみない拍手が送られました。子どもたちの明るい表情から、「言葉と音楽による教育」により、情操豊かな心をもった児童が育っていると実感する心温まるひと時でした。

なお、2年から5年生の発表は、以下のとおりです。
2年 歌と音読「スイミー」
3年 歌と群読「てぶくろをかいに」
4年 影絵とともに「ごんぎつね」
5年 合奏、合唱「人生のメリーゴーランド」「セピア色になっても」「世界の約束」

平成21年2月27日(金) 学校公開日〜日野小学習発表会〜

 日野小学校において、27日(金)を学校公開日とし、授業参観(1〜3校時)、親子給食会、学習発表会が行われました。
 授業参観では、6年生が総合的な学習の時間に、保護者の支援のもと「そば打ち」を体験しました。日野の天然水を使用した手づくりそばはとてもおいしく、完食となりました。
 学習発表会では、各学年が1年間に学習したことを、音読劇、群読、総合等、趣向をこらして発表しました。一人ひとりが大きな声で気持ちをこめて表現したので、全校児童71名とは思えない迫力ある発表でした。
 まさに日野小学校が目指す「一人一人がきらり輝く、学校がきらりと輝く花の学び舎」でした。

 発表会
 ・1年生の発表 音読劇「くじらぐも〜大きな声で〜」
 ・2年生の発表 群 読「ようこそ!谷川俊太郎ワールドへ」
 ・3年生の発表 音読劇「八郎」
 ・4年生の発表 学習発表「1年を振り返ってみると・・・」
 ・5年生の発表 総合発表「5年E組銀八先生『稲作とボランティア』」
 ・6年生の発表 総合発表「夢に向かって〜生き方・福祉教育から〜」
 ・3〜6年生  合唱「歌の翼に思いをのせて」ふるさと等


画像1画像2

2月26日(木) 第3回藤岡市発達障害早期総合支援モデル地域協議会

画像1
中庁舎3F大会議室にて第3回藤岡市発達障害早期総合支援モデル地域協議会が行われました。
事務局から平成20年度の実施の概要と成果と課題が発表されました。

現在、3つの作業部会に分かれて、幼児や児童、保護者の実態調査アンケート調査、早期発見のためのスクリーニングテスト作成、個別の教育支援計画の作成などが進められています。また、2年間の指定なので来年度の計画も提案されました。

質疑応答では、委員のみなさまから建設的な意見がたくさん出されました。出された貴重な意見をもとに、来年度の計画を作成していきたいと考えています。

2月25日(水)第2回いじめ問題解決に向けた子ども会議

画像1画像2画像3
〜模倣から創造へ〜

藤岡市の「いじめ撲滅」のため、昨年度「いじめ問題解決に向けた子ども会議」が開催されました。昨年度は
『私たちは いじめをしない させない 許さない
1私たちは相手の目を見て心のこもったあいさつをします。
  2私たちは児童生徒会活動や学校行事を通して潤いがあり、温かい学級・学校を自らつくります・
  3私たちは学年、学校をこえて交流をさかんにし、思いやりの心を育てます。
4私たちは友達のよいところを進んで認め、ほめます。』
という「いじめ撲滅宣言」を皆で制定しました。

今年度のテーマは「模倣から創造へ」であり、「各校の取組を参考にし、よいものは活用し、独自の活動に変えていく」ということで市内全小・中学校から代表児童・生徒が今年度の自校の取組をもって集まりました。

総合司会は小野中学校の代表が担当するなど、子どもたちが責任を持ち、自発的な思考や発表の意欲が高まるような場となりました。

はじめに基調講演を、文部科学省より「人権教育総合推進地域」の指定を受け、3年間研究した東中学校区4校(東中、藤岡第一小、美九里東小、美九里西小)の代表児童・生徒が行いました。校内だけの取組でなく、「あいさつ運動」など地域の方々と、また、小・中連携で小中学生一緒に活動したことなどが報告されました。

続いて中学生が議長を務め、班別の発表・協議を行いました。
各校の取組は大きく次の4つに分類されます。
「1あいさつ運動 2、児童会・生徒会活動 3、異学年・異校種交流 4、宣言・校内掲示」
その4つ全てにおいてではなく、特に力を入れたことを中心に、子どもたちは目を輝かせながら自分たちの実践を発表しました。

協議ではもっと聞いてみたいこと、自校でもやってみたいことなど、発表されたことが深まるような話し合いが持たれました。小学生は学校の代表らしく中学生に交じっても堂々と、中学生は小学生に負けじとそれそれが思いを口にしていました。
「自校のあいさつ運動は質・量ともに足らないと思うので出されたことを参考に変えていきたい。」
「人権集会は行われているが、もっとひとり一人の関心や意欲が高まるような内容を工夫したい。」
というような意見が出されました。

そして皆で「いじめ撲滅宣言」を復唱しました。

最後に北中学校の校長先生から「皆の心の中の顔が笑顔になるように」「今日が新たなスタートとなるように」としめくくりの言葉があり、藤岡市が「優しさ」「思いやり」で満たされることを期待して会議を終えました。      

平成21年2月28日(土)〜3月8日(日) 平成20年度子ども予防接種週間について

 平成20年度子ども予防接種週間実施要綱
1.目的
保護者を始めとした地域住民の予防接種に対する関心を高め、予防接種率の向上を図る。

2.主催
日本医師会、日本小児科医会、厚生労働省

3.後援
文部科学省(予定)、「健やか親子21」推進協議会

4.実施期間
入園、入学前で保護者の予防接種への関心を惹起する時期であることから、
2009年2月28日(土)から3月8日(日)までの9 日間とする(今年度は2回の土曜日、日曜日を含む9 日間を実施期間とする)。

5.対象
予防接種法に基づく予防接種を原則とする。
任意接種については、かかりつけ医が十分に相談のうえ、実施する。

6.実施内容
種々の予防接種の相談に応ずるとともに、通常の診療時間に予防接種が受けにくい人たちに対し、特に土曜日、日曜日に予防接種を行う。麻しん及び風しんについて、今年度より第3期、第4期の定期接種が開始されたことから、対象となる者に対する啓発を行うなど、予防接種への普及・啓発に努める。

7.実施機関
賛同した医療機関、各地域の予防接種センター
※実施医療機関については、群馬県ホームページに掲載する。

8.広報
ポスターを作成、配布する。また、マスコミ、行政とも連携を図り、ホームページ(http://www.med.or.jp/vaccine/)等を活用して積極的にPRする。

2月20日(金)第33回藤岡第一小学校校内音楽発表会

画像1画像2
全員合唱「ビリーブ」にはじまり、1年生から6年生、そして音楽クラブによる発表にみかぼみらい館大ホールを埋め尽くした保護者から感動の拍手。藤岡第一小学校の33回目になる校内音楽発表会が本日、盛大に開催されました。1年生は1年生らしく可愛らしく、6年生は最上級生らしく堂々とすべての学年ですばらしい表現ができました。ビデオカメラを片手に保護者からは曲が終わるたびに惜しみない拍手が送られました。
閉会に当たって、サプライズが・・・?
校長先生が「オーソレミヨ」を原語で独唱。プロ並みの歌声が大ホール中に響き渡りました。普段から子どもたちに「挑戦、協力、感謝」を合言葉にご指導されている校長先生のすばらしい『挑戦』でした。
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
市教委行事
4/2 退職辞令交付式
県関係行事
3/31 退職者辞令交付式   
定時制課程追加募集(〜4/3)
4/3 食の指導に関する実践協力調理場説明会
4/6 教育研修員入所式

人権教育

就学校変更

特別支援教育

研究所所報

学校保健

学校連絡メール関係文書

PTA関係

藤岡市教育委員会
〒375-8601
群馬県藤岡市藤岡1485
TEL:0274-22-1211
FAX:0274-24-3252