3月25日(火)第6回特別支援学校誘致推進協議会

 藤岡市に特別支援学校を誘致するために結成した本協議会ですが、みやま養護学校藤岡分校が4月1日に開校する運びとなり、当初の目的が達成できたことから、今回が最後の協議会となりました。会場は、校舎が完成した藤岡分校をお借りして開催しました。
 「皆さんの熱い思いで、分校が完成し、大きな目標が達成されましたが、今後は、特別支援教育が充実することを期待しています。」という会長である新井市長からのあいさつで会議がスタートしました。(写真上)
 その後、分校の概要や運営について、県教委特別支援教育室深澤係長と廣澤教頭先生から説明を受け(写真中)た後で、完成したばかりの施設を見学させていただきました。(写真下)
 校舎内部は、壁等に県産材がたくさん使われ、落ち着いた雰囲気でした。また、廊下の床の色は、落ち着いた「ふじ色」でしたが、教頭先生の話によると、土地は、藤岡市に提供してもらっているので、藤岡市のカラーを使ったとのこと、いきな計らいに感激しました。
 今後の藤岡分校には、センター的機能を発揮していただき、多野藤岡地域の特別支援教育がさらに充実することを期待しています。

画像1
画像2
画像3

3月20日(木)電話教育相談員委嘱状交付式 その2

画像1
教育長さんのあいさつの後

教育相談所長が座長となり,情報交換がされました。

相談員さんから平成25年の相談の様子について話がありました。

そして,電話相談の件数は,減ってはきていますが,身近に相談できる窓口として,今後も継続していくことが確認されました。

相談員の先生方,1年間よろしくお願いいたします。

小中学生のみなさん、その保護者のみなさん、困ったこと、心配なこと、誰かに聞いてほしいことがあったら、どうぞお気軽に相談してください。

3月20日(木)電話教育相談員委嘱状交付式

画像1
画像2
画像3
藤岡市の子どもたちを守る『電話による教育相談』の相談員さんの委嘱状交付式を開催しました。

相談員の皆様はボランティアとして教育長から1年間委嘱させていただいています。

委嘱状交付の後教育長さんから

日頃から青少年の健全育成にご理解とご協力をいただいていること,
教育相談活動に親身になって取り組んでいただいていることへの感謝の言葉述べられました。

また,悩みを抱えている子どもや保護者にとっては相談できる人がいる,ということは大変重要なことなので,1年間よろしくお願いしますと話されました。

3月19日(水)藤岡第一小「第一っ子 ほほえみカルタ」完成

 藤岡第一小では、「笑顔あふれる学校づくり」のため児童会が中心になって「ほほえみ」を合言葉に様々な活動に取り組んでいます。
 今年度、群馬県で取り組んだ「いじめ問題対策推進事業」を受けた活動として、「笑顔あふれる50音」の標語の募集を行ったそうです。その標語のできが非常によかったため絵札も募集して「カルタ」にすることになり、今日その「第一っ子 ほほえみカルタ」が完成して教育委員会に届けられました。(写真)
 とても素晴らしいできのカルタです。これから、第一小では、このカルタが活用され、「笑顔あふれる学校づくり」がさらに進むことでしょう。
画像1
画像2

3月6日(木)教育研究所修了式

画像1
画像2
画像3
研究員が無事に修了式を迎え,教育長さんから修了証をいただきました。

教育長さんからは,わかりやすい研究,子どもの変容がよく分かる研究だった。この研究を継続するとともに,小中一貫教育の視点からも見ていただきたい,というお話

研究所長さんからは,気節は千載一日(名誉や財産は時代とともに変わるが,人間の信念や志は後の世までずっと称え続けられるもの。教育の目的も同じ),時は未来のみにあり,子どもは未来に生きる,というお話

教育委員長さんからは,子どもに寄り添って優しい心や強い心を高めてあげてください。これからも学び続ける先生でいてください,というお話

校長会長さんからは個人の職能成長が,学校,市全体の教育の向上につながる。期待されているので頑張っていってほしい,というお話がありました。

研究員代表からは,くじけそうになったとき,目の前にいる子どもたちが支えてくれた。これから恩返しをしていきたい,という謝辞がありました。

所員の皆さん,1年間ご指導ありがとうございました。
研究員の皆さん,研究所での研究をきっかけとして,これからも子どもたちのために力を発揮していってください。

3月13日(木) かぶら自動車教習所から横断旗200本の寄贈

 かぶら自動車教習所の皆様には、毎年、交通安全教室等で市内のそれぞれの学校が大変お世話になっています。

 藤岡市内の子どもたちの交通安全を切に願い、開業50周年記念事業として、市内全小学校に「横断旗」を寄贈したいとの申し入れがありました。

 本日、萩原社長と藤井部長が教育庁舎を訪れ、田中教育長に「横断旗」を手渡しました。
 田中教育長は、「交通事故防止と通学路における安全指導に活用させていただきます」と感謝の言葉を述べられました。

 ありがとうございました。

画像1
画像2

高齢者叙勲(飯塚壽男先生)

 米寿を迎えた元美土里小学校長 飯塚壽男先生 宅を高齢者叙勲の勲記と勲章の伝達のため訪問しました。
 先生がライフワークになさっている古文書のお話などを興味深く伺うことができました。
 本日は、たいへんおめでとうございました。先生には、お体にご留意され、ますますのご活躍をご祈念申し上げます。
画像1

3月12日(水)年度末訪問(美九里東小)

 年度末訪問の最後は、美九里東小でした。藤岡の学校の先生と子どもたちは、本当によく頑張っています。春に比べて、子どもたちが、しっかり成長していました。
写真上:2年生音楽、リトミック的な活動でした。
写真中:6年生音楽、卒業式に向けて名曲「旅立ちの日に」の練習でした。
写真下:廊下にディスプレーされた本、卒業シーズンに合わせたディスプレーでした。
画像1
画像2
画像3

3月12日(水)年度末訪問(美九里西小)

 今日の訪問の2校目は、美九里西小でした。ここでも、先生の話をしっかり聞いて、授業にしっかり取り組む児童の姿が見られました。
 写真上:2年生算数 写真中:6年生外国語活動 写真下:高山社学の先進校らしいまゆで作成した鉢植えの「しだれ桜」(まゆ花の会提供)。
画像1
画像2
画像3

3月12日(水)年度末訪問(鬼石北小)

 今日は、今年度の最後の年度末訪問でした。最初の訪問は、鬼石北小でした。どのクラスも落ち着いて、学習に取り組んでいました。
 写真上:1年生算数 写真中:2年生国語 写真下:きれいに整理されたロッカーとロッカーの上にディスプレーされた本
画像1
画像2
画像3

3月7日(金)年度末訪問(北中)

 今日の訪問2校目は、北中学校でした。本日は、群馬県公立後期選抜試験のため3年生は、愛校作業でした。(写真上)一生懸命、自分たちがお世話になった教室をきれいに掃除していました。そんな中で、訪問した私たちにさわやかな挨拶をしてくれました。
 2年生は、体育館で、すでに進路を決めた3年生の話を熱心に聞いていました。(写真中)
 1年生の2クラスは、校庭で保健体育の授業でした。新井先生の話を食い入るように聞いていたのが印象的でした。(写真下)
画像1
画像2
画像3

3月7日(金)年度末訪問(神流小)

 今日は、神流小の学校訪問でした。ここ神流小でも、子ども達は先生の話をしっかり聞き、授業に集中していました。
画像1
画像2
画像3

3月7日(金)藤岡市いじめ防止基本方針を定めました

 藤岡市では、「いじめ防止対策推進法」及び国の「いじめの防止等のための基本的な方針」、「群馬県いじめ防止基本方針」を受けて、「藤岡市いじめ防止基本方針」を定めました。

 藤岡市いじめ防止基本方針(平成26年3月)PDFダウンロード
画像1

3月6日(木) 第11回定例校長会議

第11回定例校長会議が以下の内容で行われました。

1 あいさつ並びに指示(教育長)
2 市政の近況について(教育部長)
3 報告並びに連絡(各所属長)
4 指示並びに伝達(学校教育課長)

5 連絡・協議
(1) 3月・4月の行事予定について
(2) 平成25年度学校経営の成果と課題
(3) 平成25年度メディア調査の結果について
(4) 平成25年度CRT検査の速報について
(5) 平成26年度の研究指定について
(6) 平成26年度藤岡市教育研究所研究員募集について
(7) 平成26年度藤岡市若手等教員研修会について
(8) 卒業期及び学年末・学年始めにおける児童生徒の指導について

6 その他
(1) 「教育再生フォーラムin群馬」について(家庭倫理の会)
(2) 「第33回赤れんが写生大会」について(富岡青年会議所)
(3) 「租税教室に関するアンケート」について(藤岡税務署)
(4) 「スマイルキッズキャラバン」について (ザスパクサツ群馬)
(5) 桑の苗木の無料配布について
画像1

3月6日(木)教育研究所 研究報告会2

画像1
画像2
研究員さんは研究を2分にまとめて報告します。
1年分を2分にまとめるのは大変ですが、上手に報告していました。

3月6日(木)教育研究所 研究報告会

画像1
画像2
画像3
1年の成果を教育委員長、教育長、校長先生方に報告しました。

研究所長さんからは、
「1年頑張った人はいい顔をしている。
ぜひ、この成果を子どもたちに還元してもらいたい。」
とお話がありました。

3月4日(火) 藤岡市読書活動 第3回実行委員会

 図書館部会担当の藤本校長先生から、「本が好きな子どもを育ててほしい、読書をすることで子どもたちは深く考えるようになります」そのためには、「それぞれの学校の読書活動、学校図書館の活用について情報を共有していくことが大切です」とのお話をいただきました。
 
 市内16校の図書主任の先生がそれぞれの学校の実践を熱く語ってくれました。
 
 藤岡第二小学校の町田先生からは、図書だよりの活用の仕方、親子読書の素晴らしさ、北中学校との連携についてお話をいただきました。
 
 小野小学校の丸山先生からは、小中連携を視点にした読書活動、先生方の「おすすめ本」と絵本コーナーの設置が有効であったとお話をいただきました。
 
 北中学校の坂爪先生からは、「孤読ではなく、共読を意識」するために、読書ノートと駅伝読書計画を行っているとのお話をいただきました。

 どの学校も先生方が工夫して、素晴らしい取組をされていることが分かりました。
 また、来年度は「読書の量と質を高める」「担任の意識が鍵となる」「学校全体で取り組む」ことがポイントとなることが確認できました。

画像1
画像2
画像3

3月5日(水)研究論文審査会

画像1
画像2
教育研究所長、校長会長、教育研究会長さんお集まりのもと、応募のあった研究論文の審査を行いました。

来年度4月の教育研究発表会の中で表彰を行います。

3月3日(月) ノーメディア読書デーのお知らせ

画像1
3月3日(月)はノーメディア読書デーです。

今の学年、学級で最後のノーメディア読書デーとなりました。メディア調査の結果からテレビを見る時間を短くしている子ども達が増えました。学力テストの結果からは、学力と読書量の関係が明確になりました。進級・進学にあたり、さらにテレビやゲーム、ケータイなどの時間を短くし、読書時間を増やしてほしいと思います。

1年間、ご協力ありがとうございました。

平成26年2月28日(金)教育研究所運営委員会

画像1
画像2
来年度の研究所の方向性について、
教科等研究部長、課題研究部長の校長先生においでいただき、検討しました。

研究員の募集について、研究のテーマについて、日程について等、
平成26年度、うまく運営されるための意見が交わされました。

3月の校長会議で提案され、各校に研究員の応募等についてお願いすることになります。

研究所にこられた先生方の力が向上したり、
市の課題について解決策が示されたりして、
藤岡の子どもたちに還元されるようにしていきたいと思います。

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
市教委行事
4/1 辞令交付式(総合学習センター)
4/2 退職辞令交付式
4/4 校長会議1
県関係行事
3/31 辞令交付式  定時制課程追加募集(〜4/3)
4/1 辞令交付式(新再任校長・教頭・初任者)
4/3 総合教育センター教育研修員入所式
4/4 食育推進に関する実践協力調理場、栄養教諭制度に関する説明会  学校体育担当指導主事会議 初任者研修実施校連絡協議会

特別支援教育

研究所所報

研究所

学校経営

教育方針

情報関係

各種様式

ふじおか版学習の手引き

自主学習ノート指導実践事例集

研究紀要第40集(H22)

H25高山社学指導の手引き

電子黒板活用事例

藤岡市教育委員会
〒375-8601
群馬県藤岡市藤岡1485
TEL:0274-22-1211
FAX:0274-24-3252