高山社学

藤岡市の伝統産業であった養蚕の歴史を児童生徒に伝承するとともに養蚕の発展に大きく寄与した高山社の歴史的価値について学び、郷土を誇りに思い、郷土を愛す子どもを育成する。

構想

No 学年 教科 主な学習内容(例) 備考
1 小1 道徳 紙芝居「まゆダーマンの養蚕改良 高山社」の読み聞かせから高山社や長五郎の業績を学ぶ。  
2 小2 生活科 3年生が育てているカイコの観察を行い、次年時の学習への意欲付けを図る。  
3 小3 理科  単元「季節と生物」の学習において、モンシロチョウとともにカイコガを育て季節ごとの動物の活動や成長を観察する。 ○蚕を飼う。(卵→繭)
4 小4 社会 単元「地域の人々の生活」において、地域の発展に尽くした先人の具体的事例として高山長五郎や高山社について学習する。 ○高山社を見学する。(市バス利用)
5 小5 道徳 資料「苦心の末の大きなまゆ」生活をよくするために、新しい考え方や方法を主体的に生み出そうとする態度を育てる。  
6 小6 社会 欧米の文化を取り入れ、近代化を進めた明治政府の殖産興業の象徴的な施設である富岡製糸場の学習の際、高山社の果たした業績を合わせて学習する。  
7   総合的な学習 地域学習(神流地区の養蚕の歴史と高山社との関係) 地域の養蚕農家・糸取り体験、繭クラフト

取り組み

表示項目はありません。